家具への想い

家具になる木は、どれも森の中で長い年月をかけて育ってきたものばかり。
もしかすると私たちよりも年上かもしれません。
そんな木々を家具へと生まれ変わらせるのだから、より長く使える家具にしなければならない。とティシュラーは考えます。
“森で育った時間よりも長く人に寄り添える”家具を造る・・・。
そんな想いがあなたにも届きますように。

家具紹介

豊かな森をはぐくむ木々を
イメージしたシリーズ

Arm アルム

包み込まれるような
大きな手のアルム

FLUSS フルス

川の流れの様なカーブが優しい印象

穏やかな紳士のように
頼りになるソファ

森の木々に囲まれた様な
空間で休息を

温かい太陽の光に
包まれているような座り心地

クルミをイメージされた
優しいフォルム

コロンとした丸みをおびた
シルエット

コンセプトは「半人前」
あなたの家で一人前に

素朴で生き生きとした
菜の花をイメージ

角ばったデザインだけど
使い心地は柔らか

家族と向き合えるタマゴ型

常識にとらわれず
自由に使えるセミー

木材を大胆に使った
デザインが特徴

和風も洋風にも溶け込む
粋なデザイン

掃除ロボットが下を通れて
ハンキング出来るイス

チェアがテーブルに
すっきり収まるカタチ